将棋定跡 2018.7.20 - Fri.

糸谷流右玉、要点まとめ

  • 糸谷流右玉

糸谷流右玉、簡単に指し手の方針を整理

f:id:masarusumeragi:20160715165619p:plain

振り飛車に対しては全て左玉を使っていますが、中飛車に対してのみ右玉を使っています。受けと攻めを簡潔に整理します。下図参考

糸谷流右玉、受け

27金で3筋を受ける

f:id:masarusumeragi:20160715170216p:plain


基本的に普通の右玉と変わりませんが、玉の位置と角の使い方が違います。図のように48玉、38金型にする理由は下図のように3筋を棒銀された場合に▲27金と受けなければならないからです。なお、相手の駒組みによって3筋からの攻めがないと思ったら38玉型に組み換えるのも有効です。

端の受けに金を足す

f:id:masarusumeragi:20160715170634p:plain


そして、対振り右玉に対しては、1筋への端攻めを狙われることが多いため、金で端を受けるような展開も多いですね。

端攻めの受け

f:id:masarusumeragi:20160715210103p:plain
f:id:masarusumeragi:20160715210340p:plain
f:id:masarusumeragi:20160715210638p:plain
f:id:masarusumeragi:20160715210856p:plain
f:id:masarusumeragi:20160715211053p:plain
f:id:masarusumeragi:20160715211538p:plain


上図のように△15歩から角の効きを利用して端攻めを狙われたときの対処を見ていきます。以下、▲同歩△同香として下図

ここで素直に▲同香と応じてはいけません。ここで一回▲16歩と叩くのがポイントです。

当然△同香ですが、ここで▲24歩とします。

△同角と取らせた後に▲95香と取り込むのが狙いです。

上図から相手が△15角と香車を取れば飛車がなりこめます。なお▲24歩△同角の局面で23地点に金の効きがあったら▲95香と取り込まず▲28香打ちで角を狙う手が有効です。

糸谷流右玉、攻め

受けについて上で少し書いたので、攻めについても軽く上げておきます。
攻めの方針は97角から歩の交換をしながら銀を繰り出したり、57地点を狙うことになります。

歩の交換

f:id:masarusumeragi:20160715171128p:plain

銀を繰り出す、6筋に飛車を回る

f:id:masarusumeragi:20160715172014p:plain

57地点に殺到

f:id:masarusumeragi:20160715171327p:plain

棒金から飛車を圧迫していく指し方も有効

f:id:masarusumeragi:20160715171618p:plain